ニキビと紫外線の関係

紫外線対策でニキビを予防!

ニキビと紫外線の関係

「紫外線がお肌に悪い」という事を疑う方はいないのではないでしょうか? シミ・シワ、またたるみなど、紫外線はお肌に様々なトラブルをもたらします。 このことから多くの女性は、夏になると紫外線対策をはじめますよね。

この「紫外線」が、実はニキビの原因にもなっている事をご存知でしょうか? 「紫外線でニキビ?」なんとなくイメージし辛いかもしれません。 しかし、ニキビと紫外線は密接に関係しているのです。

一口に「紫外線」といっても、UVA波・UVB波・UVC波というものがあります。 私たち女性が日頃気にしているのはこのうちの「UVA波・UVB波」で、 これらが皮膚に降り注ぐと活性酸素が発生しお肌は酸化してしまうのです。

酸化した皮脂が毛穴に詰まり汚す事で起こるのが「角栓」。毛穴が汚れニキビの出来やすい状況を作っているのです。また紫外線を浴びた角質は固くなり、詰まりやすい毛穴ができニキビの発生を促します。

それだけではありません。紫外線は皮膚の組織を破壊しお肌の代謝活動であるターンオーバーを低下させるのです。ターンオーバーの低下で古い角質が剥がれにくくなったお肌では外側からの刺激に対するバリア機能が低下しニキビの発生に拍車をかけています。

紫外線によるダメージは、ダイレクトにニキビ発生に関わっているのです。ニキビをケアするのであれば、洗顔や保湿同様に「紫外線対策」も欠かせません。帽子や日傘、また日焼け止めクリームなどを使って紫外線からお肌を守りましょう。

また、夏に限らず私たちの素肌は一年中紫外線に晒され続けています。冬場の紫外線だと侮れません。なんと夏場の紫外線の三分の一程度しか減っていないのです。紫外線は目に見えるものではありませんので、曇りの日や肌寒い日にはついつい対策を怠りがちですね。

しかし、毎日の積み重ねが「健康的な素肌」と「ニキビ肌」の分かれ道です。一年を通した紫外線対策で、本気のニキビケアを進めましょう!