病院で行われるニキビ治療のながれ

初めてのニキビ治療は緊張してしまいますね

病院で行われるニキビ治療のながれ

ニキビは病院で治療できる事をご存知でしょうか?皮膚科の先生はいわば“お肌のプロ”です。自宅で行う自己流のケアよりも安心・安全にニキビ治療を進める事ができるのが最大のメリットですね。

また多くの場合保険が適応されますので(保険適応外の治療も存在してはいますが・・・)、 ニキビケアの為に購入する高額な基礎化粧品の値段と比較しても金銭的なリスクを押さえる事が出来るかもしれません。

そんな“病院でのニキビ治療”ですが、どのような手順で進められているのでしょうか? ここでは、一般的な皮膚科でのニキビ治療の流れをご紹介致します。

■病院でのニキビ治療のながれ■

①皮膚科でのニキビ治療は、まず問診から始まります。お悩みのニキビがいつ出来たのか、また現在どのような状態なのかはもちろん、あなたのライフスタイルや体質などを聞かれます。

②問診の後、その後の処置を決めるため検査を行いより具体的な現状を調べます。進行が進み悪化している場合、血液検査などを行いますが、悪化したニキビで無い場合、特別な検査を行う訳ではありません。

③問診・検査をもとにあなたに適した処置を行います。多くの場合、お薬による治療とカウンセリングがおこなわれているようです。カウンセリングによって間違ったスキンケアやライフスタイルが浮き彫りになった場合生活習慣やケアの指導を行いニキビの根本的な解決方法を目指します。

④また、お薬が処方される場合は医師による説明を受けて下さい。

ニキビは単なる肌トラブル・・・そんなイメージから、「ただのニキビなのに、病院なんて・・・」と感じる方も少なくない“病院でのニキビ治療”。実は症状の軽いニキビでお悩みの方の治療も珍しくはありません。

ニキビは立派な病気です。「自宅でのケアでは治らない!」と言う方はもちろん、「症状は軽いけれど、自己流のケアに自信がない・・・」という方も、ぜひニキビ治療の方法として選択肢に加えてみて下さい。